2013年05月27日

ベーメン風舞曲



レッスンから帰って、即、昼飯前に突貫で1発勝負!
これ以上は弾けないって、わかっているし、
おろおろしながらも、最後までたどり着いたので,OK!

この曲、もっと軽く踊れそうなはずだけど、重いです。
ロシア風があったり、ジプシーがあったり、ちょっと拝借があったり。
1880年、初期も初期の作品。
変わっていて面白いです。

何気に難しいです(爆)
posted by たかこ姫 at 12:24| 東京 ☀| Comment(0) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

小さな黒人



こういうポピュラーなドビュッシーも習っておきたくて、
勝手に弾き始めました。
小さい子どもちゃんが、得意そうに弾くのを見て、それなり何だと。

レッスンも受けたんですが、

そういう態度で臨んだら・・・バチ当たったような、演奏にしかなりません。

そこのリズムが・・・とか、滑っている、とか、休符が死んでいるとか・・・
思えばきりがないですが、
アメリカっぽくならないし、希望が見えてこないし、

でも、記録として、反省も含めて久々のアップ。
posted by たかこ姫 at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

前奏曲集2巻  水の精 #2




珍しく、暗譜。
(怪しいところが・・・存在)

天蓋全開のせいもあるか、強弱の差がない。
8分休符と全休符+8分休符などなど、しっかり取れてない。
硬いタッチがありすぎ、繊細なところまでガツンと。
同じことをやっているときにむらがありすぎ。延ばす音動く音で大きさバラバラ。

全部自分の耳に音が入ってくる大きさに久々にびっくり。
狭い部屋では仕方がないのだが、弾きにくい。

たっぷり感がない。
もっとゆったりとした呼吸で弾いたら、いろんな色も見えるんじゃないか?
頭の中で歌わないで、声に出したら、もっと落ち着くんじゃ?
posted by たかこ姫 at 13:57| 東京 ☁| Comment(0) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

子供の領分 



「小さな羊飼い」を弾いてみた


これを先週レッスンにあげた。
いつもの「死ぬほどつまらん」「小学生」って言われなくてホッとした。

追記・・・2月17日
これで私の完成品としよう。






posted by たかこ姫 at 16:06| 東京 ☀| Comment(2) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

前奏曲2巻 12番  花火




すごく迷ったんだけど、アップすることにしました。
4月から弾き始め、途中4カ月ほど寝かせ、11月からまた再開。
難曲という認識はしっかりあったのですが、
弾いてみようと言われ、嫌な気どころか、嬉しいものですから、その気になって、始めました。
しかし、楽譜に書いてあることが、身体にまで伝わらなくて、
にっちもさっちもいかない状態が続きました。
無理なんだな!と思いつつも、投げ出すわけにもいかず、
できるところまで・・・と、思いながら現在に至りました。
そして、先日、これでいったんやめようってことになり、記録を残したいので録音を
試みたのでした。

ゆっくり練習もしたはずですが・・・いまとなっては、忘れ去られ。
頭で構造から覚えたところも、いざ録音となると、すっ飛んでいきました。
いつの間にか、体感で暗譜をしていて、普段は何でもないところが、
録音で「きちんと弾こう」なんて余計なこと思うもんですから、
いらぬところで譜面をめくったり、やっていることがバラバラになりました。
明らかなるミスから、つかみ間違いから、仕掛け花火にいたっては、
あれだけやったにもかかわらず、ここでは見事に崩壊。

本当にひどいですから、元気のある方のみ聞いていただくことに!
5回取りましたが、これは1回目。このあと気持ちだけがハイになり、叩きつけて、
もっとひどいです。

これで練習やめようかとも思ったのですが、
あとは丁寧に、呼吸と一緒に走らないように、粒をもっときれいに、
タッチの区別をもっと繊細に。
もうレッスンは受けないですが、3月にホール演奏で試してみたいので、
弾き続けたい気持ちもあります。← たぶん、弾きそう。

身の程にあった曲であること、そしてもっとうまくゴマかす術でもあるなら良かったのですが、
それもない、体力もない、もっと若いうちに・・・・と思いました。

ただ良かったことは、この曲のキレ!が少しだけでも表現できるようになったことかな。
こんな風に、音を切ったり、擬音を表したり、身体と一体となって少しだけ近づけたこと。
「経験」としたら、最高のものでした。

ごめんなさいね、きちんと弾けなくて。

*もやっと聞こえても、ひとつひとつが独立した音でないといけない。


posted by たかこ姫 at 21:09| 東京 ☀| Comment(4) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

ピアノソナタ 20番 Op.49-2 (#2)




こんな感じでお終い。

こんなこと言うと変かもしれないけど、気持ちまで子供に帰ったような気分。
もちろんたくさん考えて真剣wに弾いているけど、
何か安心するし、楽しいし、
曲ってこういうものかなっていう原点のような・・・
忘れていたものを思い出したような、
知らなかった世界を知ったような、

この気持ち忘れないでおこうと思う。


posted by たかこ姫 at 20:16| 東京 ☀| Comment(0) | ベートーベン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

ピアノソナタ20番 Op.49−2


1楽章



2楽章


またしても、音間違いとか多数あり。

追記・・・お友達からピアノ五重奏だったら♪というヒントを頂き、
そっか〜〜〜☆☆☆ってひらめいた私。
ヴァイオリン2本に、ヴィオラ、チェロだよねぇ。
ここは、引きずるんじゃなくてピッチカート?
ここのスケールにペダルはいらないんじゃないとか、
ここはチェロが出てくるんじゃないの?
どこでピアノ頑張るのかなぁ?
とかいろいろ想像してみてます。

義務から、お遊びに変わった心理がどう影響されるのかみもの。
posted by たかこ姫 at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) | ベートーベン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

ピアノソナタ 11番  K.331

突貫練習7週間、そして明日で終了。
弾けてないところや、突っ走っているところ、間違っているところ、
あげくに聞いていて変なところ、たくさんあります。
こういう曲だということを、勉強したかったので、中途半端ですが、
記録に残します。

1楽章・・・変奏曲って難しい。変奏には変わりないがそれぞれに雰囲気がある。
一瞬で変えていくそんな技が必要。




2楽章・・・結局、弾きこんでないため、どうしても同じミスを犯す。瞬間的に忘れる。




3楽章・・・絶対レッスンにあげたくなかった曲。弾きたくない曲1番。
案の定、コントロール不能。弾きにくい音階。
音がそろわない。からまる。突っ走りリズム崩壊の道。




どうにかこうにか録音はしたけど、やればやるほど、もっとミスが増加する。
緊張すればするほど、ボロボロ。
3楽章だけのつもりでしたが、そういうもんじゃないと気が付き、
あえて全楽章に挑戦しましたが、弾いたこともなく、
久々のモーツアルトにオドオドになり、ちょっと弾きやすくなった時点で終了というのは、
情けないけど、時間がない。
レッスンで言われるだろうことは、すべて、楽譜に直接書き込んで、
残しておきます。

posted by たかこ姫 at 16:01| 東京 ☀| Comment(2) | モーツアルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

前奏曲集2巻 水の精




これだけはやりたいということで、申し出て。。。
(というか、これだけは外せない・・・と)
短期間で、どうにか雰囲気だけは、つかんだつもり。
音は外すは、なんかねぇ〜の世界。

もう少し、弾きこんで、音色の調整ができればまた違うだろうけど、
今は、止まらずに弾くだけで精いっぱい。

これをステージにと思う日が来た時には、しっかりやりたい。
たくさん楽譜に書きこんで思い出せるようにしておく。

悪魔のオンディーヌ、誘惑するオンディーヌ、
いたずらを通り越して、不気味なオンディーヌ。

私の知っている妖精とはかけ離れた世界だ。
悪女に、(男でもいいけど)なれなかった(笑)
posted by たかこ姫 at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

A Comme Amour




リチャードクレーダーマンの楽譜は持っていないけど、
若かりし青春時代にどこかでコピーした曲。

いまさらですが、練習してみました。

もう初冬に近いですが、いろいろあった秋。
こんな気分かなぁ。
普通に訳したら、秋のささやき  らしいです。

もう少し、どうにかならないのかなぁ・・・という感じだ。
そうか・・・w
posted by たかこ姫 at 20:51| 東京 ☔| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする