2013年11月14日

前奏曲集 2巻 8番 水の精(ベヒシュタイン・サロンにて)


第2回同窓会サロンコンサートにて

落ち込み凹みから、這い上がってまいりました。
現実を受け止めねば・・・でアップw

こちらも最速のオンディーヌになってしまった。
手も足も震えてないけど、鼓動が速かったんだろうね。
制御利かないまま、最後まで突っ走りました。
なので、色気も不思議さも皆無
たっぷり歌いたいところとか、息もせずに超特急!
そのために崩壊、不協和音、アレンジが満載になってしまいました。
ドビュッシーさま、ごめんなさい。
posted by たかこ姫 at 20:17| 東京 ☁| Comment(2) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

おんでぃーぬ

posted by たかこ姫 at 14:34| 東京 ☀| Comment(0) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

若草色の朝#2




少しずつ、イメージが出てきました。
ひるがの高原の朝
上高地の朝

山があって新緑があって、
山に霧がかかり、気温の上昇とともに晴れていくさま。
音符が細かくなるとともに、すっきり晴れ渡るような軽快感。

コーダは、何となく落ち着きの出てきた景色から暖かい昼間へ。

ミスタッチ、まだしているw
まずこれをなくそう。
posted by たかこ姫 at 14:06| 東京 ☁| Comment(2) | 三枝 隆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

Op.47


ちょっと様子伺い。
少しゆっくり目。
どちらかというと丁寧気味。
会話しているつもりw
緊張して、長い間や、余計な音があるけど

それよりも、ペダルがまずいんだろうな。
全部、もあぁ――――ってなっているし。
どうしたらいいんだろうか?

ペダルの表示のないところで音が切れるものなのか?
CD聞いていても、ピンとこない。

posted by たかこ姫 at 11:46| 東京 ☀| Comment(0) | ショパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

若草色の朝



初夏のさわやかな朝。なんですけど・・・

私が弾くとどうも元気がないなぁ。
しっとりというか、じとーーーっていうか。

久しぶりに録音しようと思ったら、この曲が浮かんだ。
何度かトライして、最後に反省を込めて一応ミスタッチなしで弾いた音源ファイル、
今取り込もうとしたら、ファイルが壊れてます!ですって。
まったく・・・・です。
これは3回目の録音ですが、とりあえずこんな感じ。

どうにもこうにも、なんかずぼらな主婦がぐうたらしているのが目に浮かんでくるからなぁ・・。
実にヤバい。
まだ練習できる日があるので、もう少し、出てくる音と、聞こえてくる音との関係を
どうにかしたいなぁ。

posted by たかこ姫 at 20:41| 東京 ☀| Comment(0) | 三枝 隆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

ベーメン風舞曲



レッスンから帰って、即、昼飯前に突貫で1発勝負!
これ以上は弾けないって、わかっているし、
おろおろしながらも、最後までたどり着いたので,OK!

この曲、もっと軽く踊れそうなはずだけど、重いです。
ロシア風があったり、ジプシーがあったり、ちょっと拝借があったり。
1880年、初期も初期の作品。
変わっていて面白いです。

何気に難しいです(爆)
posted by たかこ姫 at 12:24| 東京 ☀| Comment(0) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

小さな黒人



こういうポピュラーなドビュッシーも習っておきたくて、
勝手に弾き始めました。
小さい子どもちゃんが、得意そうに弾くのを見て、それなり何だと。

レッスンも受けたんですが、

そういう態度で臨んだら・・・バチ当たったような、演奏にしかなりません。

そこのリズムが・・・とか、滑っている、とか、休符が死んでいるとか・・・
思えばきりがないですが、
アメリカっぽくならないし、希望が見えてこないし、

でも、記録として、反省も含めて久々のアップ。
posted by たかこ姫 at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

前奏曲集2巻  水の精 #2




珍しく、暗譜。
(怪しいところが・・・存在)

天蓋全開のせいもあるか、強弱の差がない。
8分休符と全休符+8分休符などなど、しっかり取れてない。
硬いタッチがありすぎ、繊細なところまでガツンと。
同じことをやっているときにむらがありすぎ。延ばす音動く音で大きさバラバラ。

全部自分の耳に音が入ってくる大きさに久々にびっくり。
狭い部屋では仕方がないのだが、弾きにくい。

たっぷり感がない。
もっとゆったりとした呼吸で弾いたら、いろんな色も見えるんじゃないか?
頭の中で歌わないで、声に出したら、もっと落ち着くんじゃ?
posted by たかこ姫 at 13:57| 東京 ☁| Comment(0) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

子供の領分 



「小さな羊飼い」を弾いてみた


これを先週レッスンにあげた。
いつもの「死ぬほどつまらん」「小学生」って言われなくてホッとした。

追記・・・2月17日
これで私の完成品としよう。






posted by たかこ姫 at 16:06| 東京 ☀| Comment(2) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

前奏曲2巻 12番  花火




すごく迷ったんだけど、アップすることにしました。
4月から弾き始め、途中4カ月ほど寝かせ、11月からまた再開。
難曲という認識はしっかりあったのですが、
弾いてみようと言われ、嫌な気どころか、嬉しいものですから、その気になって、始めました。
しかし、楽譜に書いてあることが、身体にまで伝わらなくて、
にっちもさっちもいかない状態が続きました。
無理なんだな!と思いつつも、投げ出すわけにもいかず、
できるところまで・・・と、思いながら現在に至りました。
そして、先日、これでいったんやめようってことになり、記録を残したいので録音を
試みたのでした。

ゆっくり練習もしたはずですが・・・いまとなっては、忘れ去られ。
頭で構造から覚えたところも、いざ録音となると、すっ飛んでいきました。
いつの間にか、体感で暗譜をしていて、普段は何でもないところが、
録音で「きちんと弾こう」なんて余計なこと思うもんですから、
いらぬところで譜面をめくったり、やっていることがバラバラになりました。
明らかなるミスから、つかみ間違いから、仕掛け花火にいたっては、
あれだけやったにもかかわらず、ここでは見事に崩壊。

本当にひどいですから、元気のある方のみ聞いていただくことに!
5回取りましたが、これは1回目。このあと気持ちだけがハイになり、叩きつけて、
もっとひどいです。

これで練習やめようかとも思ったのですが、
あとは丁寧に、呼吸と一緒に走らないように、粒をもっときれいに、
タッチの区別をもっと繊細に。
もうレッスンは受けないですが、3月にホール演奏で試してみたいので、
弾き続けたい気持ちもあります。← たぶん、弾きそう。

身の程にあった曲であること、そしてもっとうまくゴマかす術でもあるなら良かったのですが、
それもない、体力もない、もっと若いうちに・・・・と思いました。

ただ良かったことは、この曲のキレ!が少しだけでも表現できるようになったことかな。
こんな風に、音を切ったり、擬音を表したり、身体と一体となって少しだけ近づけたこと。
「経験」としたら、最高のものでした。

ごめんなさいね、きちんと弾けなくて。

*もやっと聞こえても、ひとつひとつが独立した音でないといけない。


posted by たかこ姫 at 21:09| 東京 ☀| Comment(4) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする