2019年09月18日

モーツアルト祭〜

デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲




私のソロ、3回目の本番。リベンジだったのです。
どのくらい、成長したかな?

と期待したいところだけど、直前の練習できず。
日頃積み重ねた実力のみ、の演奏。

小傷はいっぱいあるけど、大傷も。

なんていうのかなぁ、追い詰められて、自分にも期待できなくて、
ただただ、この場にいる幸せ、わざわざきてくれたお友達に感謝。

緊張より、楽しみたい、そして、いつも通りになんて弾けるわけもなく、そんなこと思わないで。
初めて、自分の中で弾けた演奏かな。
身体の揺れが気になるけど、大げさとかではなく、歌いたいままに。


フィガロの結婚  プリモ・・Mさん  セコンド・・私

おおらかに、1拍はしょっておりますが、気分は楽しく。
この編曲、意外といい音具合なので、紹介もかねて。
アレンジ・・・フジモト ユウイチ



posted by たかこ姫 at 20:25| 東京 ☔| Comment(2) | モーツアルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

フィガロの結婚




モツ祭の連弾曲、忙しい中相方さんが田舎へ来てくださいました。
13時から18時まで練習室にこもって、合わせました。
あ〜〜〜弾いた!!!っていう心地の良い疲労感。

普通の楽譜ではなくて、アレンジ版。
もう超絶技巧並みw手は重なるわ、音が飛んでいるわ・・・
トレモロだらけ・・・
5時間中3時間半ほど弾いたかなぁ。
普通の速さ、速めの気分。。。とか言いつつ2種類を演奏。

一人で悶々と弾くのではないので、楽しいでした。
何より、これ弾けるのか?という不安でいっぱいだったので、
とりあえず止まらないで弾けることに感動。

録音は練習室での演奏。
手がぶつかるところ、弾きにくいところ、色々とアレンジも加え、不安要素を一つでも減らすことを目標に。

2日目はレッスンしてもらいました。
たくさん直されたので、最後に録音したけど、ボロボロ。
でも弾いてて、変わっていくのが自分でも感じられて、またまた感動。
もう合わせる機会がなく、本番かもしれない。
そのつもりで自己練習、頑張りたい。

はるばる・・・・感謝です。



posted by たかこ姫 at 21:07| 東京 ☁| Comment(2) | モーツアルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

スワニー




40年ほど前の録音。
今はもうないツヅキの演奏。
富山市公会堂での演奏。
昨日偲ぶ会があった、先生が、譜めくりをしてくださっている、
わたししか感激しない、そして目に見えないものだけど、記念にアップ。

こういうものが、あるだけでも、私の歴史だと思う。

決して、うまくないけど、思い出です。
posted by たかこ姫 at 09:26| 東京 ☁| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

シャブリエ風に




前回のレッスンのあとの、浮気曲。

短期間でどの程度の、演奏ができるか?の実験。

まず、嫌いな作曲家であること。
知らない曲であること。
短い曲であること。
今まで、遊んだこともない曲であること。


それで選んだのが、このシャブリエ風。
ボロディン風はリズムに苦労するのは見えていて、2週間での目標たてても自滅の恐れあり。
プレリュードは、音が少なすぎで、かえって難しい気がした。

こうやって、初めて録音して、めちゃめちゃとまったりしてないことには、
ちょっと、感動する。
恐る恐る弾いているのはわかるんだけど、そんな中でどうしたいのかなぁ、
どう弾きたいのかなぁというのは、自分で感じる。

音のバラバラ感、これを2週間でどこまでまとまったフレーズとして聴こえるようにできるか?
あと1日だけど、これを参考にやってみようと思う。

考えないでも出る音は、どうも不用意に出している、そして飛び出ている。
聞いてみてびっくり(笑)

テンポは、遅すぎるが、テンポまで目標にできないのが辛いところ。

最初は、うんざりだったけど、
今は変に感じなくて、ちょっとおしゃれ〜〜〜に聴こえないでもない。
こんな荒業ばかり。

続きを読む
posted by たかこ姫 at 12:28| 東京 ☀| Comment(0) | ラヴェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲




2015年に演奏して、それからずっと寝かせて(笑)2019年の曲に復活させることにした。
15年の時は、やっと指が動いている状態で、余裕もなく、バラバラで(笑)
技術のなさだけが、大変目立ったわけですけど、(今思えば)
弾いている本人は、かなり満足だった。
いつかはリベンジしたくて、機会を狙っていたわけですが、運よく19年の曲になりました。

前回の演奏は聞いてないけど、今この演奏を客観的に聞くと、
やはり、リピートの場所のブレス感が、苦しいなぁと思う。
録音している意識が、硬くなっているし。
やっているつもりが、拍感なしの音になって消えていたり、
私頑張ってますの音になっているVar.もあるある。特にVar.4、オーボエ二重奏のつもりなのに・・。
Var.8は、もう少しフレーズ感長く、持って行きたい。だらけ感がある。

Var.9は、悩みどころ満載、技術も足りなくて、試行錯誤中。

これで、自由に歌って呼吸に乗って弾ければいいんだけど。
復活2か月、何を治せばいいか、それがわかってきて、嬉しい。

可愛いけど、弾きにくい。丸はだか感たっぷり(笑)
あと3か月半、もっと軽く、軽快な音で。
posted by たかこ姫 at 09:42| 東京 ☔| Comment(0) | モーツアルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

シューベルト ソナタ13番  op-120 D664


嫌いだったシューベルト、先生のおすすめで弾くことに。
可愛い曲だよ、って薦められ、楽譜を準備してから1年半か、
やっと弾く気になって、半年間お供しました。

やっとかっと、録音捕獲しました。
これ以上いいものは捕獲できない。
精いっぱいの演奏だと思う。
ここがダメ、あそこもダメ。。。キリがないので妥協(笑)

この曲で、ずっとブラームスと言われ続け、がっくりなんだけど、

少しはましになったかと。



1楽章


2楽章
ソナチネアルバムに入っていて、5年生くらいで弾いたけど、どういう曲の2楽章かなんて知らずたぶん行進曲のように、
ガンガン弾いたと思う。




3楽章







1楽章は、大きいフレーズが取れなくて、アルペジオが独立してしまって、ベースがなかなか推進力出せなくて。
そして弾きにくいところが満載。
そして和音の扱い、ばらけてしまう、ぐちゃっとなってしまうほど雑音はない、わかってはいるが・・・
2楽章、小さな音でに拘りすぎ、埋もれた音になってしまって、なかなか手首とかの邪魔が入って、音が出ず。
気を付けているけど響き的には…捕獲し直しなんだけど、もう、諦めた。
3楽章、これは指の動きが悪い私には、苦戦の数々。そうはいっても、弾けないフレーズを弾くための知識がいっぱい身に着いたから、
試みとしては、凄く重宝した曲だった。

そして、大曲をさけていたここ3年ほど、やっと長い曲も弾いてみようかなという気になった曲でもある。
全楽章弾くにはかなりの体力がいるが、いい勉強になったと思う。
半年でどのくらい仕上げることが出来るか、そういう挑戦でもあった。
明後日で、弾き納めである。

どんなであれ、録音もアップできたし、楽しいシューベルトであった(笑)後悔はない。



posted by たかこ姫 at 12:22| 東京 ☀| Comment(2) | シューベルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

幻想曲と即興曲3番(発表会にて)




今の先生に習い始めて5回目の発表会、初めてブログに上げることが出来ます。
自分のこととなると、当日はミスが多くて録音すら成功しないことが多く、
もちろん演奏も。

演奏録音はCDで頂けるんですが、名前も入りアップするわけにもいかず。
編集技術もなく、やはり自分のICレコーダーに頼るしか。

2時間録音しました。客席にバックを置いて。人が座らないような場所に。

録音は成功しても、演奏まで成功、満足いくものには到底ならず。
ミスタッチも,多いし、ほんのわずかですが速い。
聴くまで気がついてない。
ショパンで、ここぞというかっこいいところで音を派手に外し、ショックですが、
この5年間で学んだこと、少しは反映されていると感じてます。

ただ弾いて楽しかった私が、それを乗り越えようともがき続けているんですが、
ほんのわずかでも、希望をもって取り組めば、
必ず成長があると信じて、区切りとなる丸5年を、内に秘めた闘志で燃えていたのです。

もう少し、頑張りたいなって思い始めてます。
2時間録音して、何がいいかと言えば、音の比較ができること。
クリアさが、どの程度かわかることなどなど。
自分の勉強のために。

posted by たかこ姫 at 11:34| 東京 ☀| Comment(2) | ショパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

BWV.906+Op.51 通し練習録音2回め






どちらもショパンのつもりで弾く(笑)
指圧が強すぎで不安感・ハラハラ感がオーラのようになるのを防ぐため。
力まないでしっかり弾く難しさ。

ショパン、和音がしっかりそろわずにいい加減。
もう少し、間取りたい。

あと9日続きを読む
posted by たかこ姫 at 11:52| 東京 ☀| Comment(0) | ショパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

BWV.906+op.51 通し練習1回め




発表会まで1か月を切ったので、通し練習開始。
気分を変えるのが、なかなか難しい。

バッハは、速くしないで一つ一つの音を大事にしたほうが良い  かも
最初のアルペジオが、大事なのに、1−3が抜け気味。せめて、2小節はがんばれ!

ショパンは、ごつごつしてきたのか、

ここのところ乾燥しすぎで、ピアノの音も心なしか潤いがない気がする。

posted by たかこ姫 at 13:38| 東京 ☀| Comment(2) | ショパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

ピアノソナタ13番 1楽章




何となく、だらけてきたので
合間にシューベルト練習してみました。
絶対に弾かない曲の部類ですが、年取るとこういうかわいいのもいいなぁと思うようになるらしい。
発表会前と今、現実逃避で練習して2〜3週間くらい。

どこまで注意して、考えて弾けるか、証拠を残すための録音。
左手を美しく、ですな。
もちろん右手もだけど(笑)
かわいいけど、その裏に悲しさがあるような曲だと思った。
今の段階だけど(笑)
これ明日レッスンに上げてみる、怖いけど。
posted by たかこ姫 at 15:28| 東京 ☀| Comment(2) | シューベルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする